PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

保存状態のよいミイラ byNAOKO

本日のサムイ島のお天気は、曇り。
とても蒸し蒸しして、非常に体がべたつきます。

サムイ島には、数多くの寺院があります。
その中でも、このワット・クナラムは観光スポットとして多くの観光客が足を運びます。
こちらが本堂。周りに何もなく立派に見えますね。

ワットクナラム

でも、本堂へ行くのではなくその少し手前にある建物へみんな向かいます。

ワットクナラム

こちらです。
こちらに、保存状態のよい元僧侶様のミイラが安置されています。

ワットクナラム

手前の金ピカな銅像が生前のお姿のようです。
その後ろ上のケースの中にミイラになったお姿でいらっしゃいます。

ワットクナラム

名前は、phra kuru samathakittikhun
50歳まで家族と暮らし、その後出家。
20年の間に彼の瞑想は有名になり沢山の崇拝者がいたそうです。
彼は、自分の死も予知しておりその通り1973年に79歳と8カ月で人生の幕を閉じた。その後、彼の遺言の元、崇拝者たちにより彼の体はそのままの状態で保存されています。

亡くなってから今年2013年で40年経ちます。

湿気の多いタイなのに、意外と保存状態がよいのは奇跡的なものだそうです。
確かに、ガラスケースの中に何か特別に管理するものなんかもないですし、あまりにも違和感なく普通に置いてあります。

この建物の横に銅鑼があり、手に水をつけてこすります。綺麗な音がでるとラッキー!だそう。これを鳴らすのがとても上手なこの子!上手に鳴らす所を見せてくれます。そして、やってみな!やってみな!と英語で勧めてくれます。

ワットクナラム

是非、興味ある方はワットクナラムへ。
行かれる際は、肩が出てない服装でできれば20Bをお賽銭箱へ入れて手を合わせてから見学していただく事をお勧めします。


本日も応援のワンクリックをお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ビーチリゾート旅行へ
↑ ↑ ↑
ポチッとねぇ~

| 観光 | 15:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sdssamui.blog21.fc2.com/tb.php/723-81d99fc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。